nmmn以下略②肖像権について学んだこと

実在の人間が関連するジャンルに数年前から片足つっこんでおりますが、そのときは創作という点ではあまりする機会がありませんでした。

今後は以前よりファンアートを描く機会が増えるだろうな、と思い、ルールやマナーを勉強している最中であります。



今回はよく聞く《肖像権》について調べてきたのでそのお話をしたいと思います。
と言っても専門的に教育を受けた訳では無いので、間違い等ありましたらご教授ください。

肖像権とは簡単に言うと、私生活での姿を写真や映像を勝手に撮られない、公開されない、利用されないことを主張できる権利です。

では肖像権の侵害とは何か、というと個人の姿をありのまま記録もしくは公表することです。
つまり勝手に写真やビデオ撮影したり、撮影したものを勝手に公表することが侵害になります。

友人同士で写真を撮ったところ、撮影した友人が許可なくネット上にアップしたなどの問題は残念ながらいまだに聞くことがありますね。

ここでたとえばの話です。
とある有名人が好きなMさんがいました。
その有名人のイラストを描き自身のSNSで公開しました。
これは肖像権の侵害となるでしょうか。

肖像権のポイントは《ありのまま》かどうかです。
先ほどの写真という点では、実在の人物をそのまま写し取ったものですので肖像権の侵害になりますが、イラスト・似顔絵は作者の技術、主観的な捉え方が作用するため、ありのまま取得した相手の姿を公開したとはなりません。
そのためこの場合は侵害にはあてはまらないのです。

Mさんが写真レベルの描写が可能でしたら話は違うそうですが。


さて、他者のイラスト・似顔絵は基本的には肖像権の侵害にはならないというわけですが、だからといって他の権利すべてを侵害しない訳ではありません。

その表現方法によっては相手の名誉を傷つけることになったり、プライバシーを侵害してしまうことになったりする恐れがあります。

たとえば、これは有名な事例でもありますが、モデルとなったであろう人が明らかで、その人を馬鹿にするような、またその人にとって不利益が生じるであろう表現がされた場合、名誉毀損となることもあるというわけです。


【まとめ】

・肖像権のポイントは『ありのまま』かどうか
・イラストなど作者の技術、主観的な捉え方が作用する方法は肖像権の侵害とはならない
・表現した内容によっては名誉毀損など、他の権利を侵害する恐れがある


【おまけ~表現の自由~】

表現の自由というものもありますが、その権利を振り回して他の人の権利を侵害してはならないのは当然ですね。

ビラ※の事例が分かりやすいかもしれませんね。
(※宣伝のために配られたり貼られたりする紙片。チラシ、フライヤーなど。)

『ビラ』という表現方法の自由は保障されています。
しかし、他の人の家とか工作物など、ところ構わず貼られたら困りますよね。
これは他の人の財産権や管理権等を侵害しているとなり、『他人の家、工作物に勝手にビラを貼ること』は規制されます。

つまり、表現すること自体は自由ですが、その表現行為の内容※・場所・手段が、他者の権利を侵害する場合は規制されるということです(※私人つまり一般人の名誉やプライバシーを傷つけるものなど)。


表現の自由というものはそれを掲げれば何でも許される、なんて魔法のアイテムではありません。
元々の成り立ちからすれば政府の権力に対しての一般人の権利であって、免罪符でも他人を殴る棒でもないのです。

何のための自由、権利なのか。
よく考えながら行使するということを肝に銘じておきたいです。


【あとがき】

先日のブログでも書いた通り、基本的には自分のいる集団のルールを守れば良いわけですが、根本的に日本社会という集団にいる前提があるので、そのような点も当然意識して勉強しなくてはならない点ですね。

とはいえ、一番大切なのは誰かをモデルとしたときにその相手への敬意を忘れないことではないでしょうかね。


お付き合いいただきありがとうございました。

nmmnのルールについて思うこと

今の私が一番関心があること。
それは伏せていうところのnmmnジャンルにおけるルールについてです。

というのも、最近実況者さんやVtuberさんに関してのTwitterアカウントをつくることにしたので、界隈におけるマナーとそれぞれの方のルールを把握しようと思い、色々と勉強しておりまして、そこで気になるなあと思うことがあったのです。
今日はそれについて書いていきたいと思います。

まず、先に自分の考えを述べてしまいますと、nmmnに限らず、ジャンルという大枠のファンの行動にルールはありません。

何故ならルールとは、集団の中で規定された基準だからです。
集団の秩序を維持する目的で、基準を示すから守ってね、というものをその集団における適切な権限を持つ人がつくっています。

ファンは同じ作品や人物が好きという共通点があるものの、すべてにあてはまる基準を示すにふさわしい権限を持つ特定の人物がいません。
故にルールはないのです。

たとえばゲームで考えるとどうでしょうか。
ゲームというジャンルのファン、この大きな枠の中に作品ごとのファンの枠が作品の数だけある状態です。
それぞれの運営などの権利者から、作品ごとやその権利の範囲内のゲームのファンに対して、ファンアートなどはこうしてくださいと言ったルールが与えられることはありますが、全世界のありとあらゆるゲームのファン全員に課せられた共通のルールはありません。

nmmnではどうでしょうか。

好きな相手が役者や実況者といった職業上の共通項があるジャンルです。
実況者さんであれば、実況者さんのファンという大きいくくりがあり、その中に各実況者さんのファンがいるという感じです。

たとえば相手がアイドルだとします。
Aさんのファンクラブに入っている人にはAさんのファンクラブ会員としてのルールがありますが、それはAさんのファンクラブ会員でない人にも適用されるルールではない、という点で考えると分かりやすいのではないかなと思います。

ジャンル全体でのルールはないとしても、各自の公式とされる方からルールの提示があればそれに従う。
それだけのお話です。

同じ枠の中にいるけど、この集団にはこの集団のルールが、あっちの集団にはあっちの集団のルールが、それぞれあるだけです。
別の集団のルールを適用している人がいたら注意する必要があると思いますが、自分の集団のルールを守っていれば最低限問題はありません。
勿論使用するサイトやSNSの規約に従うことも重要ですが。



いやいやnmmnは実在の人物が大いに絡んでくる訳だから皆がルールを作ってきたんだよとお思いかもしれません。
ですが、それは少なくとも集団のルールではなく、どちらかと言えばマナーではないでしょうか。
私はマナーとは相手への敬意を伝えるためにあるものだと考えています。
人間関係を円滑にすることができる作用もありますが、私はあなたのことを大切にしたいですという思いの表現であることが一番大切なのではないでしょうか。

つまり、nmmnジャンルで活動されてきた方々が良いかたちを模索してきた結果が今の界隈にあるマナーです。
そして、その良いかたちというのは今後も常に皆がそれぞれ考え続ける必要があるものだと思います。


しかし、難しいことがあります。

根本的な話をしますが、ルールを守ること、マナーを考えることは義務ではありません。
集団の秩序を維持するため、すれ違いを防ぐためには大切なことかもしれませんが、それをやらないという選択も可能でしょう。

最終的には各人のモラル、倫理観の問題となっていきます。
私の倫理観としては、好きな人、好きな作品をつくってくれる人たちに対する敬意を持った行動をしたい、というところですね。
ここに注意して活動していきたいと思います。


実を言うとこれはTwitterアカウント開設に伴う決意表明のようなものでした。
すべて個人の考えですので、こういう意見もあるのだなあと思ってください。


おまけ

・ルールについて指摘するのであれば、ルールを定めた方々に問い合わせるのはどうでしょう。それによって集団の改善につながるかもしれません。

・マナーについてはこうしたら良いんじゃないかなと提案するのは有りだと思います。それを強制しなければ。

・個人的に思うマナーとか、関連してそうな肖像権とかを勉強したお話は今度します。したいですね。しないかもしれません。